岩松勇人から学ぶ営業戦略術

信頼される会社になろう

存在を認識してもらおう

チラシやコマーシャルを使って宣伝する方法もあります。 しかしそれらの方法は、高い費用が必要になると忘れないでください。 安い費用で大きな宣伝効果を生み出したいなら、SNSを使いましょう。 たくさんの人に情報を届けることが、経営状態を高めることに繋がります。

顧客とコミュニケーションを取る

会社の存在を忘れられないよう、定期的に連絡をしてください。 1回関わりを持ったからと言って、それから連絡をずっとしていなければ忘れられてしまいます。 定期的に連絡をすればずっと覚えてもらえますし、信頼関係を築けます。 コミュニケーションを取る意識を持ちましょう。

コツを掴んで相手と話そう

新規の顧客を増やせれば、経営状態が良くなります。 話をする際のコツを掴むと、相手と早く仲良くなれます。 営業の仕事をしている人は、コツをいくつか覚えてください。 重要なのは、相手に集中して話を聞いてもらうことです。 そのため、話が長くならないよう注意しましょう。

SNSで宣伝するのが良い方法

岩松勇人の考えとしては、「商品をたくさん売るためには、知ってもらう事が大切」だと考えてます。
知っている会社が作っている商品だったら
お店で見かけた時に興味が出るので、購入してもらいやすいです。
ですから、宣伝に力を入れることが重要です。
SNSを使って宣伝すれば、より多くの人に情報を届けることができます。
たくさんアピールしている会社は、与世の中で信頼されます。
信頼できない会社の商品を、購入したいとは思いません。
経営状態を良くするため、信頼性をアピールしましょう。

そして2つ目に「顧客と積極的にコミュニケーションを取ることも大事」と岩松勇人は考えているようです。
営業の仕事をしているなら、たくさんの顧客を得ることが経営状態の向上に繋がります。
頻繁に連絡を取ることで、信頼関係を築けます。
1年に数回しか連絡を取らない状態では、相手から信頼されません。
また、こちらの存在を忘れられる可能性があります。
定期的に、新商品の連絡などをすると良いですね。

最後に岩松勇人曰く「うまく相手と会話をするコツを掴んでください。」と仰っているようです。
特に新規の顧客を手に入れる際は、実際に合ってコミュニケーションを図ることから始めなければなりません。
最初に今日はどんな目的で来たのか、何分ぐらいで終わるのかを伝えておくと良いですね。
また時間があまり長くならないように注意しましょう。
2時間も3時間も、相手の話を聞くのは辛いです。
30分ぐらいで切り上げた方が、相手も集中して聞いてくれるでしょう。
短時間で済むと言えば、こちらの印象も良くなります。
顧客になってもらうため、印象を良くしましょう。