何を売っているのか伝える

信頼できる商品だとアピール

消費者は、怪しい商品は購入したいと思いません。
信頼されるためには、情報を細かく伝えることが重要です。
営業する時は、何を売っているのか消費者に伝えてください。
食品であれば、どんな味なのか伝えましょう。
おいしいという情報だけでは、興味がわきません。
甘いや辛い、苦いといった味があると思います。
細かく伝えることで、消費者の購買意欲を刺激できるでしょう。

岩松勇人さんも、営業する際は商品を細かく説明するように心がけています。
これまで成績があまり良くなかった人がいるでしょう。
それは、説明不足が原因かもしれません。
最低でも伝えなければいけないことを、メモに書きましょう。
必要な情報を伝えれば、相手は興味を持ってくれます。

質問にすぐに答えられること

こちらの信頼性を、アピールすることも重要です。
たくさん商品のことを知っていることが消費者に伝われば、安心してくれるでしょう。
消費者は商品に興味を持ったら、いくつか質問してくるかもしれません。
質問にすぐ答えられるよう、事前に商品に関して勉強しておきましょう。
販売している人が質問に答えられなかったら、怪しいと思われてしまいます。

せっかく消費者が興味を持ってくれたのに、警戒されたらもう購入してくれなくなります。
どんな質問をされても良いように、詳しく勉強しておきましょう。
聞かれやすい質問をいくつか想定して、答えを考えておくのも良い方法です。
するとスムーズに受け答えができるので、こちらの印象が良くなります。


シェアする

B!