コツを掴んで相手と話そう

伝えたいことをまとめておこう

新規の顧客とコミュニケーションを取る際は、何を伝えたいのか前もって決めておきましょう。
その場で話す内容を考えていると、うまくまとめることができない可能性があります。
すると聞いている方も理解できませんし、無駄に時間が長くなります。
最初から話す内容を決めていると、簡潔に伝えることができます。
話す時間を、短くする意識を持ってください。

短時間なら空いても、集中して話を聞いてくれます。
時間が長くなればなるほど、集中力が低下してしまいます。
また長い話をすると、こちらの印象が悪くなるデメリットがあります。
それでは、経営状態がマイナスになってしまうでしょう。
良い印象を見せられるよう、短く話をまとめてください。

最初に軽く説明する

事前に話す内容と、どのくらいの時間が必要になるのか伝えておきましょう。
すると相手は心構えができるので、集中して聞いてくれやすいです。
30分ぐらいだと言っておけば、向こうもそのぐらいなら話を聞こうという気持ちになるでしょう。
2時間ほどの時間がほしいと言っても、長すぎるので却下される可能性が高いです。
新規の顧客を得るなら、こちらの話を聞いてもらわなければいけません。

話が長くなると、話を聞くことすら却下されてしまいます。
何とか30分ぐらいで収められるよう、内容を工夫してください。
内容を凝縮しすぎて、早口にならないよう気をつけましょう。
早口では何を言っているのか、相手に伝わりません。
ゆっくり説明してください。


シェアする

B!